プライスアクションでトレード FXダイアリー

プライスアクションをベースとしたFXトレードダイアリー。それ以外も好きなことを好きなように書くことも。

2017/09/01トレード結果

収支 +6,770円

合計 263,374円

 

昨日の米国雇用統計はNFP予想18万に対し結果15万6千、平均時給(前月比)予想+0.2%に対して結果+0.1%、平均時給(前年比)予想+2.6%に対して結果+2.5%となりました。その結果当然ドル売りに。その直後、出所がどこかはっきりしませんが、「ECB、12月までQE縮小計画を準備できていない 関係者」と怪しいヘッドラインがマーケットに流れユーロが売られドルが買われる展開に(笑)その後、米国ISM製造業景況指数が発表され、予想56.5に対して結果58.8。その結果ドル買い優勢に。

とまぁ、みんな大好き雇用統計ナイトだったのですが小さな値幅で「ギッコンバッタン」し、そのまま静かにマーケットは閉じました・・・(笑)

 

実は8月の米国雇用統計にはこんな統計データがあったりします。

www.msn.com

あれ?記事元はブルームバーグの端末でしか見れないのですが、MSNでさっきまで見ることが出来ていたのに急に見れなくなってる・・・

ってことで内容を言っちゃうと(さっきまでMSNで読めたんで言っちゃって良いでしょう)、8月の米国雇用統計は過去20年間で16回市場予想を下回る結果だそうで、80%の高確率で外しているようです。自分はこの統計データでポジションを持つことはありませんが、今回も市場予想を下回ったのでこのデータの信頼性が更に上昇しました。来年使おうかな(笑)

 

さて、昨夜の雇用統計カーニバルは来週にかけてストーリーを練ることがまだ出来ていないので自分はプライスを見ながら秒スキャで対応しました。雇用統計後約30分とISM後5分くらいだったかな?そしてそのまま就寝→爆睡。ちなみに日中は完全にスルーしてプライスすらほとんど見ていませんでした。

週末にゆっくり来週から今月にかけての戦略を練りたいと思ってます。思ってるだけでいつも出来ないんですけど(笑)

それでは皆さん良い週末を。